2013年2月28日 18:51
日野自動車、超低床・前輪駆動のEVトラックを開発
お~、日野版のエルフ・マイパックだ! なんてことを思わず口走っちゃいましたが、日野のEVトラックはFFで登場するようです。正直言って、EVっていうとそのハードばかりに目が行きがちだけど、トラックなんだから、その使い方に新しい提案がなければ普及はむずかしいのではないかと思います。たとえば、宅配などで使用されている小型トラックベースのウォークスルーバンがありますが、FRでウォークスルーを実現するより、FFで床面地上高を大幅に下げて荷室へのアクセスを良くしたほうがずっと使いやすいのではないでしょうか。その意味でFFのEVトラックというのは面白いアプローチかもしれませんね。実は、明日はプレス関係に実車が披露されることになっているのですが、ひと足早く日野自動車のニュースリリースを要約してご紹介します。

1_日野EVトラックドライバン (2).jpg

日野自動車は、超低床・前輪駆動の電動(EV)小型トラック(以下、EVトラック)を開発。公道走行のための認可を取得(試作車として審査を受け認可を取得)し、今後、実路での評価・確認を行なっていく。

2_日野EVトラックシャシ (2).jpg

今回開発したEVトラックは、従来のエンジンとトランスミッションの代わりにコンパクトなモーターをキャブ下に搭載し、前輪を駆動。バッテリーを荷台床下のフレームの内側に搭載し、それ以外の電動ユニットは殆どキャブ下に収めたEVトラック専用プラットフォームにより、従来の後輪駆動車では実現困難だった超低床を実現させたもの。

20130228_5.jpg
走行時は排出ガスゼロ、CO2排出ゼロのクリーン性能だけでなく、走行音も静かで、変速操作が不要のためスムーズなイージードライブが体験できる。
さらに超低床により荷役作業性が大幅に向上するだけでなく、ドライバンを架装した場合、室内高1.8mを確保しながら、全高2.3m以下に抑えることが可能で、地下駐車場への進入にも支障がない。ちなみに床面地上高は440mmで、これは従来の後輪駆動車の860mmに比べ格段に低い。

20130228_3(1).jpg

活躍するシーンとして、主に商業施設が密集した都市部での短距離走行を想定しており、さらに店舗内、倉庫内、空港等の大規模施設内での用途や、夜間・早朝の稼動等、場所と時間を選ばない幅広い活用が期待できる。
 
日野は商用車の電動化について、現時点でのバッテリーのエネルギー密度に鑑み、短距離を走行する軽量な車両であれば実現可能と考えており、2011年の東京モーターショーにもコンセプトカー「日野 eZ-CARGO(イージーカーゴ)」を出展したが、今回、このコンセプトを実用可能な車両として具現化したもの。
 
■主要諸元(ドライバン架装例・参考値)
全 長(mm) 4,510
全 幅(mm) 1,830
全 高(mm) 2,300
床面地上高(mm) 440
荷台内寸法(mm) 長さ2,830×幅1,685×高さ1,800
車両重量(kg) 2,330
最大積載量(kg) 1,200
乗 員(人) 3
車両総重量(kg) 3,695
モーター 最高出力(kW) 70
最高トルク(Nm) 280
バッテリー 種類 リチウムイオンバッテリー
容量(kWh) 28
電圧(V) 350
最高速度(km/h) 60 (市街地走行に限定し、速度リミッターで制御)
充電時間 普通充電 約8時間(200V)
急速充電 約45分 (CHAdeMO方式、50kW)

コメントする