2012年11月14日 11:59
ジョニー上木のサーフサイド6 №84

【しばれるネ~! 後篇】

さて、2月のミシガン、トラックの室内を暖房で温めた後、エンジンを切って、深い眠りに落ちたジョニ・ハニ。どんどん車内の温度は下がり、そして真夜中・・・・・・。

「う~、寒い。寒いやんけ!」
「ううん寒いな、ほっぺたが冷たくて目が覚めたわダリちゃん!」
「今は何時?」
「えっと、夜中の2時」
「室内温度計は、っと・・・・・・。ギャ~、室内温度19度(摂氏マイナス7度)?!」
大阪育ちでマイナスなどあまり経験のないジョニ・ハニ、温度計を見たとたん寒気が二人を襲った!
「ダリちゃん、さぶ~いぃ~~!」
「外気温は2度(摂氏マイナス17度)? ギャー、凍え死ぬ! アカン、エンジン掛けて 暖房入れるわ、ハニー」

プルン、プンプンプン、プスン・・・・・・・。
「あれ、止まってもうた?もう一回」
プルプルプル、プッスン・・・・・・。
「ダーリンどないしたん?」
「燃料、凍ってるん・・・・・・かな?」
「うわぁーん、ダーリン、ジヌ"-(死ぬ~)!」
「大丈夫や、死なへん!ハナ垂れながら泣くの止め、っちゅうねん!」(苦笑)

まいったな・・・・・・。いま40秒ぐらいエンジン回ってたからな。これで例え0.5度でも燃料パイプの温度上がってくれたら、なんとかなるかな。2分待って、もう一回掛けてみよ。

「頼む!エンジンよ掛かれ!、ガンバレ『うさ子』!」(『うさ子 』はウチのトラックの愛称)
プル、プル、プル、プルンプルン・・・・。「頼む! 止まるなよ!」
・・プル・プル・プル・・・「やった、回ってる!」
良かった! 噴射ノズルに行くパイプの中が少し凍り始めてただけで、ちょっとの温度上昇で溶けたんやろな。助かった! 最近に燃料入れたのは確かオハイオ州やったと思うけど? あそこも寒いから寒冷地仕様の燃料とちゃうんかいな?!
・・・ブルブルブル・・
「スムーズなアイドリングになった! よかった、助かったでハニー! もう一回寝よか、今度はエンジン掛けたまま暖房入れとくわ」(笑)

ちなみに、後日ターミナルでもらった小冊子(冬のドライブのヒント)には、『サバイバルキット、防寒具 、電池、食糧などを準備しておきましょう』って・・・・・・。

ハイ、大自然を甘く見てはいけませんね。以後、気を付けます。(苦笑)

ジョニー&ハニーさんのブログのURL
http://johnnyueki.blogspot.jp/

 

しばれ~2.JPG
凍てついてるうさ子


コメントする