2012年10月31日 08:22
タイヤ屋ハマダユキオの「車輪の下」 No.56
本当にあった怖い話

お客さんの体験談です。
SSでエア補充していたらしいんです。タイヤサイズは245/70R19.5。
リアの内側がけっこう~エアがあまかったので補充をしていたら・・・
ド~~~~ン!!!!

いち134914365269813109999.jpg
にい134914367575113110018.jpg
▲タイヤはご覧のありさま。内側でバーストしたのでドライバーさんに怪我等はなく、不幸中の幸い。

ではなぜ??
ホイールからタイヤを外してタイヤ内部を見てみますと・・・・

さん134914383989513110179.jpg
よん134914387383013110360.jpg
ご134914390414513110183.jpg
▲タイヤサイドの両方にほぼ全周にわたり「ひきずり痕」があります。これはPUNKしたまま、あるいは低圧のまま走行していた証拠です。

で、
その原因ですが、、、

ろく134914402903713110176.jpg
▲ありましたよぉ~~~、ビスが貫通しております。T/Lなのでこのような場合は急激なエアの低下ではなくじょじょにエア漏れしていたのでしょう、、、、。

ビスによるPUNK→じょじょにエア漏れ→低圧による走行→サイドに負担→内部コードの破損→バースト、、、、といったところでしょうか・・・・。

内側でタイヤの様子(外観)も見難いので今回のようなことが起きたのでしょう、、、通常これだけ引きずり痕が出ると外側にも多少「しわ」などが確認できると思いましたが、、、

しち134914440211013222826.jpg
▲外側の様子。全く引きずったような跡は確認出来ず。意外です。これは・・・判断し難いですねぇ・・・・

エア調整する場合、まずエア圧のチェックをしてから補充するようにしましょう、、、。極端に1本だけ低い場合などはこのようなPUNK等の疑いがあります。補充の前に異物の確認をしてから補充するのがいいかもしれません。また、バーストの前兆でエアの圧を上げていくと、、、「ぽこっ!」「ぽこっ!」とか、「コン!コン!コン!」っていう音が聞こえてくると思いますので、その時はただちにエア補充を止め、とりあえず逃げてください。あとはタイヤのプロにお任せしたほうが賢明です。

エアゲージなど無くエア圧などを見れない場合はタイヤをたたいて音で判断することもできますよ。ただ・・規定のエア圧にはいっている時の音を記憶しておかなければなりませんが、、、、。

大抵、エアが低くなりますと音も低くなりますので「ん??」ってカンジになります。

お忙しいと思いますが、ちょっとのチェックで安全運行を~~。m(_ _)m

http://68607323.at.webry.info/
「測定屋、ときどきタイヤ屋、絵描き屋の日記」



コメントする