2012年6月 8日 07:30
タイヤ屋ハマダユキオの「車輪の下」 No.35
トラックアライメント実験報告
荷重変化によるアライメント変化 その1

積荷(積み方)によってアライメントはどう変化するのか?

トラッカムTC-02と弊社の出張車を使い測定してみます。

いち129705472979416130069_P20100089_20110207135848.JPG
▲いすゞエルフ。TBタイヤチェンジャーや発電機なんかを積んでてすでにかなり重そうですが、これに11R22.5のホイル組を積んで実験してみます。

に129644137103816330801_P1180007.JPG
▲フロントサス。リーフスプリング。

さん129705498769116205819_P20100222.JPG
▲リアサスリーフスプリング。前後とも一般的なアシです。

よん129705505642416206316_P20100099.JPG
▲汚い画像で申し訳ないです(汗)。箱の中の状態。チェンジャー、ジャッキその他工具は積んだままでスタート。
 
※今回は少し前の実験で、当時「デモ機」としてお借りしていた「トラッカムTC-02」という測定器での実験です。いつものヨサムの測定器との誤差は無く(実証済み)、測定データはTOE・・・ミリ、キャンバー・・・度の単位も変わりません。

ご!cid_96B282057ED0473F9C840B2A023AE766@f00393c4aa4f4e1.jpg

▲測定データ。以前ハンドリング実験のときヨサムで測りトータルトー+1.5に調整。そのままでしたが、みごと! +1.4ミリです。リアはトータルトー0ミリで、アウトオブスクエア+1.1。

ちなみに車高はハブを中心にフェンダーから地面までの高さで
右フロント・・・75.7cm
左フロント・・・75.7cm
右リア・・・・・64.4cm
左リア・・・・・63.4cm

燃料は満タンから40kmくらい走行しています。(ほぼ満タンです)タンクは右。(この項つづく)

http://68607323.at.webry.info/
「測定屋、ときどきタイヤ屋、絵描き屋の日記」





コメントする