2012年5月31日 12:35
極東開発、画期的なプレス一体構造の垂直昇降式テールゲートリフター

奇しくも本誌「フルロード」第6号と発売日がいっしょですね(笑)、極東開発工業のスタイリッシュな垂直昇降式テールゲートリフターの新製品ニュースです。

V600プレスゲート.jpg

極東開発工業は、垂直昇降式テールゲートリフターの新機種として、「パワーゲートⅤ型プレスゲート」を開発し、平成24 年6 月4 日から発売する。
今回の新機種は、垂直昇降式テールゲートリフター「パワーゲート Ⅴ600(最大許容リフト荷重600kg) /Ⅴ800(同800kg)」向けの新たなラインナップとして開発したもので、プラットホーム裏面を今までの溶接組立から、画期的なプレス一体構造に変更することで、スタイリッシュな外観や防錆性の向上を実現した。

パワーゲート V型プレスゲートのポイントは、
①スタイリッシュな外観
一般的にテールゲートリフターのプラットホーム裏面は各部品を溶接等で組み立てるが、新製品ではプレス一体構造に変更することで、スタイリッシュな外観となった。画期的な新構造の採用により、スリムで清潔感のあるスタイルを実現した。
②操作性と作業性が向上
ワンタッチ式ゲートロック(左右連動式ロック)を標準設定。作業時間が短縮でき、さらに使いやすくなった。また、プラットホーム先端部を延長したことにより、乗込角度が現行型と比較して約3度緩やかになり、積込時の使いやすさが向上した。
③防錆力もアップ
溶接レス構造により、内部まで防錆処理塗装が可能となり防錆力が大幅にアップした。
④専用クッションゴムで静か&優しく
プラットホームの先端および根元に専用クッションゴムを標準装備。プラットホーム接地音を緩和し、地面および本体への傷つきを防止する。
......などとなっている。なお価格は73万円~(Ⅴ800、取付費・税込み)。
ちなみに極東開発には、今回の垂直昇降式(Ⅴ型)のほかに、アーム式(S型)、後部格納式(G型)、床下格納式(CG型)など、ユーザーニーズに合わせて各種テールゲートリフターをシリーズ化している。


コメントする