2012年3月29日 13:15
【新製品情報】新明和工業、新型「かくのうゲート」
新明和工業から、テールゲートリフタ「かくのうゲート」のニューモデルが発表されました。業界初の充電式ラジコン操作スイッチを標準装備、2t車級モデルには「2枚折れ」プラットホームタイプを業界初設定など、各所をパワーアップしての登場です。詳細は以下。

(以下、リリースより)
新明和工業株式会社(取締役社長 大西良弘)は、このたび、テールゲートリフタ(荷役省力化装置)の床下格納タイプ「かくのうゲート」の新モデルを開発、4月2日に受注を開始します。

テールゲートリフタは、バン型車両等の後部に取り付ける昇降装置です。用途に合わせてさまざまなタイプがありますが、床下格納タイプは、リヤ扉の開閉時に妨げとならず、物流センターなどリフト機能を必要としない作業現場では、荷物の搬出入が短時間で行える点が特長です。

今回開発した「かくのうゲート」の新モデルでは、従来のコード式における断線や電池式の電池切れによるトラブルを防ぐことを目的に、業界で初めて充電式ラジコン操作スイッチを標準設定しました。また、床下に折り畳んで格納するプラットホームに、2t車級としては初めて「2枚折れ」仕様を設定するなど、荷役作業をより効率良く行う機能を盛り込みました。加えて、プラットホームのデッキ部及びスライドレールのアルミ化を図ることで、軽量化を実現、耐久性を向上させました。このほか、本年7月に適用される車両突入防止装置の保安基準に対応する装置型式を取得しています。

当社は、積載物や使用環境にあわせたテールゲートリフタを多品種ラインアップしており、国内トップシェアを堅持しています。今後も、市場ニーズを反映した製品の開発に注力してまいります。

0306405_01.jpg kakunou.jpg

◇特長
+ 充電式ラジコン操作スイッチを標準設定 ≪業界初≫
+ 2t車級モデルに「2枚折れ」プラットホーム仕様を設定 ≪業界初≫
+ お知らせランプを標準設定 ≪業界初≫
+ バッテリー上がり防止、モーター連続運転の防止、メンテナンス時期をランプ表示
+ プラットホームのデッキ部のオールアルミ化、スライドレールのアルミ化
+ メインスイッチに、切り忘れ防止ブザーを標準設定
+ 低騒音型パワーユニット(45dB/7.5m)を採用
+ 深夜作業、住宅街での荷役作業に配慮

◇受注開始時期
+ 2012年4月2日(月)

◇価格
+ 1,160千円~

◇販売目標
+ 230台/月(2012年度)

本文記載の「業界初」「業界で初めて」などの内容は、当社の独自調査(2012年3月29日現在)に基づくものです。


コメントする