2012年1月28日 12:35
米国在住 なでしこトラッカーの元気日記「PUNKにまかせろ!」 No.1
ジャジャジャーン! 「フルロード」第5号の「素顔の自叙伝」に登場し、今や超話題の女性トラッカーPUNKさんがいよいよフルロードブログにも登場です! PUNKさんは、日本でのキャリアカーなどのドライバーの経験を経て、ヘリコプターの操縦免許を取得しようと渡米。そこで教官をしていた今のアメリカ人のご主人PINKさんと出会い、ヘリの操縦免許と旦那様をゲット。現在は、アメリカでピータービルト379を運転する「なでしこトラッカー」として、七面鳥の飼育から加工まで行なっている会社で働いています。

PHTO0224.JPG

ちなみに愛称の「PUNK」は、ご主人が彼女を「パンプキンパイ」と呼んだことが由来だそうで、ご主人のほうの「PINK」は、お二人ともピンクフロイドが好きだから、ということだそうです。PUNKさんには、これからアメリカ在住のなでしこトラッカーの日常を存分に書いていただこうと思いますが、タイトルの「PUNKにまかせろ!」は、恒例によりアメリカの懐かしのTVドラマからお題拝借しています。もとネタは、若山弦蔵さんの吹き替えが印象的だったジーン・バリー主役の「パークにまかせろ」ですね、若い人はあんまり知らないかな~。
タイユーさんやジョ二―&ハニーさんもそうですが、アメリカでトラックに乗っている日本人ドライバーは、みんなイキイキしていると感じるのですが、PUNKさんにもそんな元気をもらいましょう! 夢や希望を抱いて自分の目標に向かってまっすぐ突き進むこと、それはとても大切なことだと思います。(キャップ)
 

はじめまして PUNKです!

みなさんこんにちは。七面鳥調教師(?)のPUNKです。(笑)
っていうか、その反対で、完全に七面鳥に舐められてます。あたくし。。。
舐められてるっていっても、彼らはベロが短いからクチバシでアタックしてくるんです(泣)。 
それと、得意技の両足キックで!

2.jpg

奇妙な雄叫び上げながら・・・まるで、インディアンの襲撃にあってるかのごとく・・・
まあ、それもこれも、動物の持ってる恐怖心=自己防衛からくるものなんですが。
もし、エイリアンとかゾンビとか何か得体の知れない何かが私の家に来て、
好物のドーナッツを部屋中にまかれたら、嬉しいけどやっぱり怖いもん。。

 このケージに七面鳥を載せて運ぶのですが、途中で重量を測るところ
(スケール)に寄って、トラクターと、トレーラーを切り離し、まず積載量を出します。
その時、皆さんもご存知の通り、ランディングギア(あし)を出しますよね。

1.jpg

このトレーラーだと、ちょうど左の後輪の辺りにギアを回すためのバーがあるのがお分かりかと思います。
そう、あのスポットが恐怖なんです!!!
脚が完全に地に着くまで、くるくる何度も、最低20~30秒・・・
ケージに載ってる七面鳥たちが、最後の反逆とばかりに右から左から、彼らの尾翼の下の穴から
私の頭めがけて発射~~~!! 
白い色のカラーボール。。。(臭い付き)その後どうなるかは皆さんのご想像におまかせします(笑)。

 動物が好きな私にとって、ちょっと複雑な心境の職業ですが、誰かがやらなきゃならないこと。
可愛そうだけど、割り切って毎日仕事してます。いっぱい餌運んでいっぱい食べてもらって、少しでもいい環境を作ってあげればOKかな。ではまた!

PUNKさんのブログ「トラックドライバーPUNKのアメリカ生活日記」のURL
http://blogs.yahoo.co.jp/rhcfijhwalker



コメント(4)

o(^▽^)o★PUNK様★七面鳥達もなかなかやりますね。
防護盾が必要です〜ねぇ★爆笑★

養殖の七面鳥って白なんですね
外で見かけるターキーは茶色見たいなグレーみたいな
そう言えば鶏も養殖は白ですね(笑)

ミニトラさん***鎧兜着て仕事しようかなぁ。。。。(爆)
重そうだけど。 (^^)

ダリ&ハニさん***そう、なぜ白なんでしょうね。。ワイルドターキーは茶系ですよね。
最近、黒のターキーもいますよ! とっても不気味です。(爆) 

コメントする