2011年11月22日 16:07
タイユーのUS OTR百景 No.16
何ゆえにトラック運転手が逮捕されるのか?

高速で逆走バイクとトラックが正面衝突
 http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20111118-865058.htmlt
(11月18日付日刊スポーツネットより)
17日午後10時20分ごろ、名古屋市中村区名駅南2丁目の名古屋高速都心環状線で、逆走してきたミニバイクと大型トラックが正面衝突した。ミニ バイクを運転していた同市熱田区の無職有賀太一さん(30)が頭を強く打ち死亡。愛知県警高速隊は自動車運転過失傷害の疑いで、大型トラックの徳島県阿南 市の運送会社社員山崎貴文容疑者(38)を現行犯逮捕した。
高速隊によると、現場は片側3車線。山崎容疑者は左端の車線を走っており「右にハンドルを切ったがよけきれなかった」と話しているという。
都心環状線はミニバイクの走行は禁止されている。高速隊は有賀さんが逆走した経緯などを調べている。(共同)「2011年11月18日9時0分]
関連ニュース
•【社会】衝突事故で転倒のバイク男性をひき逃げ(2011年11月19日)
•【社会】逆走バイクと大型トラック正面衝突(2011年11月18日)
•【社会】名神高速を70歳運転乗用車が逆走、追突(2011年10月30日)


**********************************

アメリカの法は「疑わしきは罰せず」が基本です。したがって、是非が歴然としていれば現行犯で逮捕されることはめったにありません。上記の場合は、高速道路を走行禁止のミニバイクで逆走してきたきた方が法を犯していることは歴然としています。でもあるのに、何ゆえにトラックの運転手が「逮捕」されなければいけないかのか......。大きな疑問をもたれたのが、大阪生まれですが、北海道ベースで全国を走ってられる「テツ」さんです。
テツさんのブログサイト
http://blog.livedoor.jp/marugaryman/archives/51940625.html#comments

日本の習慣で、ぶつけた方が悪い、ひいた方が悪い、だから一旦は逮捕するが、その後の捜査で非がないことが証明されれば、釈放なり起訴免除なりの処置を取られるようです。しかし、逮捕された人に取っては何人も避けることができない状況で遭遇した不運でありながら、一旦は逮捕されるという社会的な不名誉を負わされます。
アメリカでは、横断歩道以外のところを横断している人をひいても罪にはなりません。また、歴然とした殺意を持って襲ってくる人を殺しても、正当防衛ですから罪には問われません。ましてや、名古屋の高速の事故のように善悪が歴然としている状況での逮捕などはありえないと思います。
何ゆえにこうした不合理な現象が起きるのかと考えてみると、日本は徳川時代に築かれた「管理社会」が、幾度の憲法改正にもかかわらず続いていることではないでしょうか。ですから、警察あるいは検察がすることは何でも従うという姿勢を抜本から考え直すべきではないでしょうか。また、アメリカに比べると、そういった憲法論や人権論を市民の立場から訴えるべき職業の弁護士が、いま一つ無気力に見えてなりません。さらには、なんの疑問も持たずに逮捕報道を掲載するメディアの報道姿勢も見直される時代かと思います。

自分が、このトラック運転手のような状況に遭遇したらと思うと、そら恐ろしいものがあります。

写真は、先日ワイオミング州のロッキー越えの折に遭遇した雪道でのさまざまな事故の様子です。事故は、原因の是非にかかわらず避けたいものです。

11-1113 Rocky Snow Tire Sock Accidents 03.JPG
11-1113 Rocky Snow Tire Sock Accidents 04.JPG
11-1113 Rocky Snow Tire Sock Accidents 05.JPG
11-1113 Rocky Snow Tire Sock Accidents 06.JPG
11-1113 Rocky Snow Tire Sock Accidents 07.JPG
11-1113 Rocky Snow Tire Sock Accidents 08.JPG 
11-1113 Rocky Snow Tire Sock Accidents 11 cropped.jpg
11-1113 Rocky Snow Tire Sock Accidents 12.JPG
11-1113 Rocky Snow Tire Sock Accidents 10.JPG


OTR=Over The Road アメリカを走る長距離トラッカー

If It Is To Be, It Is Up To Me 明日の喜びは自らの手で

アメリカン・トラック野郎 タイユーは走る
http://blogs.yahoo.co.jp/taiyuusa
ツイッター @taiyu_usa




コメントする