2011年10月 8日 12:47
岡雅夫の「働くクルマ」のショートエッセイ 第40回
フランクフルトショーを視察してきました その⑤

IMG_1568.JPG

2号館のベンツグループは、メインのメルセデスベンツがイベントホールを全て使う。ショーの期間中、アリーナの座席を全て取り払い、フラットな3層(3階建)の床を作り、3階までは自前のエスカレータを設置するという力の入れようである。大きなステージでは毎日日替わりで新型車が数台並べられる。

IMG_1560.JPG
IMG_1561.JPG
ベンツブース

IMG_1810.JPG
スマートパトカー

このショーでは商用車の展示は無いが、ベンツのみ総合メーカーとして大型商用車の展示ブースを設けている。そこにカットモデルを含む4台のアクトロスを展示しているのだが、自由に乗りこめるため、多くの来場者がその高いアイポイントを楽しんでいた。私もカットモデルのドライバーシートに座ってみたが、シフトがハンドルコラム右のレバーに組み込まれており、上に回せばR(リバース)、下に回せばD(ドライブ)レンジに入ることがわかり、今までにない配置に驚いた。最初はどこにシフトレバーがあるのか探してしまった。
アドブルーのタンクも大きく、軽油タンクと一体化されて給油口だけ間違えないような表示がされている。独立した開放的なドライバーシートは、日本の大型トラックとキャビンづくりの思想が違うことをまざまざと感じさせる。

(社団法人日本自動車工業会モーターショー室長)

IMG_1811.JPG
IMG_1815.JPG
アクトロス




















コメント(1)

アクトロスは格好いいですね。
知らないうちにフルモデルチェンジしていました。

日本向けモデルが無いため、情報が少なく詳細は分かりませんが、
写真を見る限りでは、かなり大幅に変更されてるように見えます。

シフトはコラム式なんですね。
スカニアのオプティクルーズよりシンプルで使いやすそうに見えます。
ステップも一段増えて、乗り降りが大変そうです。

コメントする