2011年9月29日 15:40
来年2月に北京で開催されるケタ外れの自動車用品展示会

今年8月末、遂に自動車保有台数が1億台を突破し、まだまだマーケットが拡大すると見られる中国自動車市場だが、来年2月14日~17日の4日間、北京市の中国国際展覧センター・新館で、中国最大級のカー用品の総合展示会「第14回中国国際カー用品及びチューニングパーツ展示会(CIAACE2012)」が開催される。

IMG.JPG

出展内容は、カーエレクトロニクス、車内外装パーツ、カーケミカル、カーカスタマイズパーツ、季節用品、保安用品、アウトドア用品、タイヤ/ホイール、オイルなど。会期中、会場内で自動車フォーラム、自動車用品業界のトレンド発表会、第8回改造車コンテスト、新製品発表会などのイベントも開催される予定。
昨日その記者発表会がお台場のタイム24ビルで開かれたが、主催者の北京雅森国際展覧有限公司によると、展示会場は16ホール。25万㎡に6000社が出展。総来場者数は20万人を見込んでいるというから、その規模はケタ違いだ。
なお日本企業の出展に関しては、自動車アフター用品の月刊誌の発行や各種イベントを手掛ける㈱オートマート・ネットワークが取り扱っているので、中国進出に意欲のある企業は同社にお問い合わせを......。(写真は前回のCIAACE2011の会場風景)

_DSC1743.jpg

 


コメントする