2011年4月29日 09:33
帰ってきた海コン運ちゃんの現場報告

高速代はキホン「運転手持ち」

前回記した金額の中で「高速代って会社持ちじゃないの?」なんて疑問を持たれる方もいらっしゃるでしょうが、ハイ、運転手持ちです(涙)。会社の都合で乗ったりしても運転手持ちですが、唯一例外がありまして、書類的な都合でコンテナの搬出許可がなかなか出ず、「許可が出たらスグにコンテナを持ってきて欲しい」ってな要望があった場合には、行きの高速代のみ乙仲(通関業者)さんや荷主さん持ちになります。だけど、あまりそーゆう機会もないんで(涙)、やっぱし全額運転手持ちですね。

DSCN5889.JPG

ただ、自腹で払ったり、使った高速代が給与から引かれるワケではなくて、さっきも言ったように売上げから引いているんで、自分的には結構良心的だなぁと思ってますし、「運転手の売上げから高速代を引く」ってコトは、売上げから高速代を引いた金額が、会社が設定してる「75万円」を割らなければ、会社的にはOKなのかなぁみたいな感じなんで、かなり自由に高速を使えるってメリットはありますね。
一応、会社側から出してる高速利用のルールみたいなモノがありまして、朝一走り(積み置で走る分)の場合、「東京、千葉、埼玉方面へ行く時の首都高の利用と、横浜新道、西湘バイパス、箱根新道、第三京浜の利用は無条件で認める」ってコトなんで、これさえ守っていればイイわけです。ですので、現場から横浜に戻って来る時は、どっから高速に乗ってもイイし、逆に高速代を抑えたければ、高速を使わず全ベタで戻ってもイイんです。
でも、実際には「暗黙の了解事項」みたいなのも存在してまして(笑)、現場から横浜に戻って来る場合、どんなに距離が短くても首都高の利用は必須、それ以外にも「こっから乗ってくんのは常識だよね?」みたいなのもあるんで、そーゆう部分に対しては、当初戸惑いみたいなのもありましたが、会社の状況が段々と見えてくるに従って、その辺の「空気」って言うんでしょうか、そーゆーのも読めるようになるんで、現在では特に問題ナシです(笑)。

ヒロさんのブログのURL
http://ameblo.jp/trailer/