2011年4月13日 12:03
帰ってきた海コン運ちゃんの現場報告

スクラップヤードで台を切ったら...

トレーラの特徴の一つとして、ヘッドとシャシーを切り離すことが出来ます。この行為を「台切(だいきり)」と呼ぶんですが、手動でシャシー前方にある「脚(あし)」を地面に着くまで伸ばしてから、ヘッドとシャシーを切り離すんですね。切り離すと、シャシーの全重量が、シャシー前方にある2本の脚と後方のタイヤに分散されるんですけど、地盤の柔らかい場所に台切ってしまうと、前方の脚が地面に埋まってしまう事があります。これを業界用語で「モグリ」と言うんですけど(爆)、そーゆーことは重々分かっていながら一度だけモグらせちゃったことがあります。
現場は、中東系だと思われる人がやっている、自動車のスクラップヤードで、まだヤードを造って間もないって感じでした。その場に居た人達は、全く日本語が通じないんですけど、そーゆースクラップの現場に行き慣れてれば、言葉は通じなくても、やることは一緒なんで、何とかなっちゃいます。その人達の指示でホームに付けて、バン詰終了時間を聞いたんですけど、コッチの言葉を理解出来なかったのか、終わり時間が分からなかったのか...、定かじゃないんですけど「ワカラナ~い、シャチョウね、シャチョウ」なんて意味不明な言葉を残し姿を消したと思ったら、ソコの親分を連れて戻って来たんですね。その親分も中東系と思われる人だったんですが、日本語はペラペラで、終了予定時間の確認や世間話なんかをした後、台切って平気かどーかの確認もしたんですよ。何で台切るかって言うと、朝から始めて終わりが17時だって言うんで、ヘッドで近くのコンビニまで行って昼飯でも買っておこうかと思ったのと、バン詰中にゆっくり寝たかったからです。でも、台切るにあたって、一つ気になることがあったんですね。それは、踏み固められてるとは言え、地面が砂利だったんです。
その親分に「砂利だけど、切っちゃってホントに平気?」って念押ししたら、「ダイジョウブよ。チャント カタメテ あるから。ローラーでナンカイもヤッタね。OK、OK、モンダイない」なんて言うんですよ。そこまで言うなら信用しちゃうじゃないですか。でも念の為って思い、シャシーの脚の下に鉄板か中古車から出たホイールを噛まそうかと思って聞いてみると、「ダイジョウブね、ソノママで。ヘイキよ」ってな感じで、自信マンマンだったから、自分も「これ以上しつこく言っても何だしなぁ...」なんて思い、信用してそのまま台切っちゃたんです。ヘッドでコンビニへ行き、昼御飯を買って現場へ戻ると、台切ったシャシーは特に異常はなく、「あの親分が言ってた事は正しかったんだなぁ」なんて思いつつ、ヘッドで寝てしまったんですね。

20070222_厚木・アジア内でのバン詰光景01.jpg

 

ヒロさんのブログのURL
http://ameblo.jp/trailer/