2011年3月30日 11:21
残りは原発区間のみ 最新の高速道路の復旧状況 

三陸自動車道(鳴瀬奥松島IC~登米東和IC)で、3月30日午前6時より一般車両の通行規制を解除し、全車両通行が可能 になったのに引き続き、3月30日午後2時より三陸自動車道・仙台東部道路(利府JCT~仙台若林JCT)で、上り線(南向き)の通行止めが解除されます。この応急復旧の完了により、同区間は上下4車線が利用できるようになります。また、津波被害を受けた仙台港北インターチェンジ料金所の応急復旧が完了したことにより、3月30日午後2時以降、仙台港北ICが利用できるようになります。

これによって、今回の地震で被害を受けたNEXCO東日本の高速道路等20路線、延べ870キロ区間のうち、約95%にあたる827kmについて、応急復旧を完了することになります。ちなみに応急復旧に着手できていないの残り5%の区間は、常磐自動車道のいわき中央IC~常磐富岡IC間の上下線 43.0㎞ で、これは原発事故の影響によるものです。

IMG_2702.JPG