2011年3月アーカイブ

ビンボー運ちゃん青春記 第2部 清貧立志篇 ビンボー運ちゃん青春記 第2部 清貧立志篇

2011年3月 5日 06:57

慣れと気合い よく見かけるのが、トラックの後ろにくっついて坂を上り、最後になって上り切れないでリタイアしているクルマ(特に軽自動車が多い)だが、こういう状況に対する慣れの違いである。しかも仕事で走っている場合なら、なおさら、『気合い』の入り方が違う。「ここを上り切らなければ目的地にたどり着かない」と思えば、人間必至になる。目的意識の低いドライバーとは違うのだ!と、とりあえず大見得を切らせていただき...
タイユーさんから「ルート66」のプレゼント! タイユーさんから「ルート66」のプレゼント!

2011年3月 4日 14:31

アメリカントラッカーのタイユーさんからプレゼントを頂きました! タイユーさんこと渡辺登美男さんは、フルロード誌上で「タイユーのUS事情」を連載し、このホームページのブログにも「ルート66」を寄稿してもらっていますが、そのタイユーさんのアメリカからのプレゼントは「ルート66マウスパッド」です。キャップは現在、三和シヤッターさん(バンのシャッタードアなどのメーカーさん)から貰ったマウスパッドを使ってい...
帰ってきた海コン運ちゃんの現場報告 帰ってきた海コン運ちゃんの現場報告

2011年3月 4日 11:09

その15 脚巻き すみません、話しがどっかに飛んじゃいましたね(笑)。元に戻します。2本のエアホースと電源ケーブルを繋げたら、踊り場からヘッドの左側へ降りて、シャシーから地面に降りてる「脚(あし)」の所に行きます。 格納されているハンドル、通称「脚巻きハンドル」を表に出し、脚が上がりきるまで反時計回しにひたすら回転させます。 一応、ハンドルの先端を持ち、クルクル回転させんのがシャシーメーカーさん側...
ビンボー運ちゃん青春記 第2部 清貧立志篇 ビンボー運ちゃん青春記 第2部 清貧立志篇

2011年3月 4日 08:39

忘れ雪 雪が降るといつもそんなこんなで大騒ぎになり、「今度こそチェーンを買おう」と必ずいうのだが、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」の例え通り、冬が終わればその話は忘れ去られ、僕が在籍していた四年間、遂に新しいチェーンを買うことはなく、それゆえ僕は最後まで一番最初にチェーンを巻き、最後までチェーンを持って走っていたのだった。 しかし、これはМ運輸に限ったことではなく、東京都内の運送会社が(まあ大手は除く...
ハニーにおまかせ!№2 ハニーにおまかせ!№2

2011年3月 3日 13:19

【蜂蜜はハニーにおまかせ!】 こんにちは、フロリダ産廃トラッカー、ジョニーの嫁のハニーです。皆さん、フロリダと言ったら何を想像しますか?私の場合はオーランドにある「ディズニーワールド」、ワニのいる「エバーグレーズ」、そして太陽が降り注ぐオレンジ畑でした。(ベタですけど!笑) 確かにフロリダには広大なオレンジ畑があります。なのに住んでみると、なかなか地元産のオレンジって売ってないんですよ。意外でしょ...
帰ってきた海コン運ちゃんの現場報告 帰ってきた海コン運ちゃんの現場報告

2011年3月 3日 11:12

その14 海コン運ちゃん流「安全運転」備忘録 自分はどーしてるかって言うと、当たり前のことなんですが「人や自転車、車が飛び出して来そうだ」って道では、歩道なり交差する道なりに注意を払います。太陽の方向によれば影が見えますし、試験場なんかで観るビデオじゃないけど(笑)、ボールか転がってくれば、ソレを追っ掛けてくる子供が居るワケで...、とにかく、いろいろな所を見て、少しでも多くの情報を拾うようにして...
ビンボー運ちゃん青春記 第2部 清貧立志篇 ビンボー運ちゃん青春記 第2部 清貧立志篇

2011年3月 3日 07:47

九段の坂 さてそんな理由のほかに、僕が雪道を走らなければならない大きな理由がもうひとつあった。信じられないような話なのだが、その建材配送専門のМ運輸には、実はチェーンが無かったのである。無かったというのには語弊がある。正確には、揃っていなかったというほうが正しいのかもしれない。 大型一台、4トン二台、2トンが七台あったのだが(多少の変動はあったが)、それに対してチェーンは大型用一本、4トン用が二本...
アメリカントラッカー タイユーの「ルート66」 【No12】 アメリカントラッカー タイユーの「ルート66」 【No12】

2011年3月 2日 16:04

フラッグスタッフ   アリゾナ州フラッグスタッフの町は、アメリカが誇る大西部「グランドサークル」大自然めぐりのゲートウェイです。世界有数の大渓谷グランドキャニオンにわずか1時間ほどで訪れることができます。全長ゆうに500キロ、横幅35キロ、深さ1600メートルもあります。世界中の人工の建造物全てを持ってきても、この大渓谷を埋めることができないといわれるほど巨大な渓谷です。アメリカの国立公...
帰ってきた海コン運ちゃんの現場報告 帰ってきた海コン運ちゃんの現場報告

2011年3月 2日 07:45

その13 電源ケーブルの話 エアホースを繋いだら、次は電源ケーブルです。ほとんどのシャシーは、エアチャックとエアチャックの間に電源ケーブルの差し込み口、コレを「コンセント」と呼びますが、そのコンセントのフタをパカっと上に持ち上げ、ヘッドの電源ケーブルを差し込みます。 比較的新しいシャシーには「ABS(アンチロック ブレーキ システム)」付きのシャシーもあるんで、必要であれば、ヘッドのABSケーブル...
ビンボー運ちゃん青春記 第2部 清貧立志篇 ビンボー運ちゃん青春記 第2部 清貧立志篇

2011年3月 1日 10:49

峠を越えると、そこは雪国だった 最初に入った印刷関係の荷物を運ぶ運送会社のときはともかく、そこから持ち込み(クルマごと専属でそこの仕事をすること)で行った建材関係専門の運送会社では、僕は毎年、一番最初にチェーンを巻き、一番最後までチェーンを持って走る運転手だった。僕のような持ち込みの運転手はみんないわゆるサラリーマンだったので、長距離を走っても給料に変わりがない。普段なら長距離を走って荷物の積み下...