2011年1月27日 10:36
ジョニー上木のサーフサイド6 №7

OTRの思い出  【絶叫マシーン?】


アラバマのHodgeという街にある製紙会社に引き取りに行った時の事。
通常、僕が牽引しているVAN(コンテナ)は製品の引き取りや古紙の搬入に利用されます。
製紙工場ではVAN以外に原木の搬入に使われるシャーシのみのトレーラとウッドチップをバルクで運ぶオープントップのトレーラが入ってきます。

絶叫マ~2.JPG

「ダリちゃん、あれって何してんの?」
「チップを積んだオープントップのトレーラをダンプして荷降ろしてるねん」
「凄い!運転席に乗ってたら悲鳴あげるやろな」
「そうそう、あれは絶叫マシーンやねん。ビビリの運転手では出来ひん仕事やで」
「ダリちゃん、の嘘つき!運転手の人はトラックから降りてるやん」

1台の荷降ろしが2?3分で出来て、効率のいいやり方。
アメリカらしいと言えばそうかも。でも、最初見たらやっぱりビックリします。

このようなトラックダンプのシステムは製紙工場以外にもバルク(大量のバラ荷物)の荷受けをする所ではよく見かけます。
ここフロリダではオレンジジュースの工場やコーヒー工場に設置されています。

 

ジョニーとハニーのブログ【フロリンの日誌】

http://johnnyueki.blogspot.com/