2011年1月26日 10:37
アメリカントラッカー タイユーの「ルート66」【No7】

テキサス

Rt66_Groom_TX Map.JPG

オクラホマシティからI-40で西に220キロほど走ると、テキサス州のパン・ハンドルにさしかかります。地図で見るとこの近辺が、ちょうどおなべの握りの部分を思わせるのでパン・ハンドルと呼ばれるのですが、フリーウェイから見える景色も、地平線までも見渡せるのではないかと思わせるほどに広大に広がり、西部劇映画の世界にのめりこんでいきます。

RT66_Okc_Biker (640x480).jpg

ルート66をツーリングするバイカーたち

テキサスはアラスカに次ぐアメリカで2番目に大きい州で、面積約が67万平方キロで日本の約5倍ほどあり、南を東西に横切るI-10でエルパソからルイジアナ州の州境まで、ゆうに1400キロもあります。ただルート66は、北のパンハンドルを横切っていますから、わずか280キロほどで通り過ぎてしまいます。

Rt66_Groom_TX (1) (640x480).jpg

テキサスに入って100キロほど走ると。フリーウェイの北側にとても不思議な「傾いた水塔」( Leaning Water Tower)が目に入ります。一見すると、あたかも片方の足が地中に埋まりこみ、倒れる寸前と思わせます。これはブリテン( Brittenn)という人が、このルート66沿いにトラックストップをつくった際、人目を引くようにピサの斜塔を真似て意図的にこの水塔を傾けて建てたものです。今ではトラックストップも火事で消滅していて、この傾いた水塔とわずかな看板の残りが当時の面影を残すのみですが...。

フリーウェイを降りて写真を撮られたら、ルート66が近くのグルーム( Groom)の街中を通り抜けていますから、ちょっと走ってみてはいかがでしょうか?

タイユーさんのブログ「アメリカン・トラック野郎タイユーは走る!」のURL
  http://blogs.yahoo.co.jp/taiyuusa/