2011年1月アーカイブ

ダカールラリー速報  「第6ステージ」 1月7日 ダカールラリー速報  「第6ステージ」 1月7日

2011年1月 8日 17:20

1月7日、イキケからアリカ競技区間(SS):456km 移動区間(リエゾン):265km アリカへのSSで10リットル以下クラス・ワン・ツーフィニッシュ難関の砂丘ステージをクリアして前半戦を終了 7日の行程は前半戦最終日となるチリのイキケからアリカ。部分的に6日と同エリアを使いながらアタカマ砂漠北部で456kmのSSを行った。初の本格的砂漠ステージとなった6日の行程では多くの参加者がSS内で夜を明...
ダカールラリー速報 「第5ステージ」1月6日 ダカールラリー速報 「第5ステージ」1月6日

2011年1月 7日 11:41

1月6日、カラマからイキケ競技区間(SS):423km 移動区間(リエゾン):36km 本格的砂丘ステージで排気量10Lクラスをワン・ツーフィニッシュ日野レンジャーの優れた機動性を生かして難関をクリア 6日はチリのカラマからイキケ。チリに入った5日からは道を外れてオフロードを走るオフピスト区間が登場。さらにこの日からは4輪部門とトラック部門が混走でスタートし、砂丘も通過するなど、本来のダカールらし...
ダカールラリー速報 「第4ステージ」1月5日 ダカールラリー速報 「第4ステージ」1月5日

2011年1月 6日 11:11

1月5日、サン・サルバドール・フユイからカラマ競技区間(SS):207km 移動区間(リエゾン):554km ダカールラリーの主戦場、チリに到着手堅い走りでアンデス越えの高地ステージをクリア  4日、アルゼンチンの前半戦最終ステージとなるサン・サルバドール・フユイへの行程を無事に走り終えた日野チームスガワラの2台の日野レンジャーは5日、554kmの移動区間で国境を越えてチリに入国。この日...
アメリカントラッカー タイユーの「新年のご挨拶」 アメリカントラッカー タイユーの「新年のご挨拶」

2011年1月 6日 10:17

アメリカから新年おめでとうございます。 大晦日の午後、大雪のソルトレークを出て自分が住んでいるラスベガスのターミナルに着いたところ、ストリップでは恒例の花火でにぎわっていました。3日から仕事を予定していたのですが、2日ほど休みを延長しもらいました。昨年も一生懸命に働きましたから、アメリカ国民の一人としてはオバマ大統領の教えに従っただけのことですが......(笑)。 たまたま、ワシントン州に住んで...
ダカールラリー速報 「第3ステージ」1月4日 ダカールラリー速報 「第3ステージ」1月4日

2011年1月 5日 14:57

1月4日、サン・ミゲル・トゥクマン?サン・サルバドール・フユイ競技区間(SS):226km 移動区間(リエゾン):408km 前半のアルゼンチンステージを終了明日からはラリーの山場となるチリへ入国 再び雨によるスリップでクラッシュ車両の続出した3日の行程を無事に終えた日野チームスガワラは2号車が累計順位の排気量10リットル以下首位に浮上、1号車も3位と順調にポジションを上げつつある。3日夜10時頃...
岡雅夫の「働くクルマ」のショートエッセイ 第11回 岡雅夫の「働くクルマ」のショートエッセイ 第11回

2011年1月 5日 10:42

<思い切り運転>以前、ベテランの陸送ドライバーと話をする機会があり、首都高速道路の狭い料金所で重機用の幅広トレーラをどうやって通過させるかという話になった。完全にクルマを真っ直ぐにしないと絶対に通れない幅しかない場合(意外とそんな料金所が多いようだ)、左右にハンドルを切って真っ直ぐになるよう調整しても、所詮通れるものは通れて、通れない時は引っかかるのだから、下手にハンドルを動かさずに一度真っ直ぐに...
ダカールラリー速報「第2ステージ」1月3日 ダカールラリー速報「第2ステージ」1月3日

2011年1月 4日 12:13

1月3日、コルドバからサン・ミゲル・デ・タクマン競技区間(SS):324km 移動区間(リエゾン):440km 我慢の山間コースを手堅くクリア2号車がSS総合29位で累計総合19位に浮上 最初の競技区間が設定された前日の2日の行程を2号車がカミオン部門21位/市販車部門5位/排気量10リットル以下クラス2位、1号車も同じく43位/市販車15位/10リットル以 下7位(初日なので累計順位も同じ)と順...
ダカールラリー速報 「第2ステージ」 ダカールラリー速報 「第2ステージ」

2011年1月 3日 11:57

1月2日 ヴィクトリア?コルドバ競技区間(SS):222km 移動区間(リエゾン):566km ツイスティな山間コースを無事にクリア2011年ダカールラリーの本格的な競技がスタート 2日の行程はヴィクトリア?コルドバ。ステージ後半に設定された222kmのSSでいよいよ2011年ダカールラリーの本格的な競技がスタートした。この日のSSは昨年のコルドバに向かったコースと殆ど同じで堅いグラベル路面の一本...
平ボディの復権 平ボディの復権

2011年1月 3日 11:22

鳥取・島根に引き続き、青森や秋田でも大雪による被害が出ているようだが、東北といえば以前、架装メーカーを訪ねて「へえ」と思ったことがある。大型車の平ボディの復権が顕著になってきたということだ。ウイングボディに席巻された感のある平ボディだが、根強い需要に支えられて長期低落傾向も下げ止まり、今ではじりじり台数を伸ばしているというから面白い。 大手架装メーカーによるウイングボディのマスプロ化で、地方の中小...
ダカールラリー速報 「第1ステージ(スタートセレモニー)」 ダカールラリー速報 「第1ステージ(スタートセレモニー)」

2011年1月 2日 11:48

2台の日野レンジャーが元気にスタートブエノスアイレス市内で2011年大会のセレモニースタートが切られる 1月1日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスでダカールラリー2011アルゼンチン?チリのスタートが切られた。スタートセレモニーの会場となったのは世界で最も幅の広 い道路と称される7月9日通りの中央にある独立記念広場。09年、10年と同じく尖塔オベリスクの前に大きなポディアムが据え付けられ、好天で...